写真1

スイス製の時計は高額で一部の富裕層だけが楽しんでいました。フレデリック・コンスタント現CEOのピーター・スタースは、スイス製時計の素晴らしさをより多くの人に知ってもらいたいと考え、1988年に自ら時計ブランドを立ち上げます。『スイス製の高品質な時計を適正な価格でより多くの人に楽しんでいただく事』を理念として時計製造に情熱を注いでいます。創業当時から現在も変わることなく、質の高い時計を今もなお届けています。

「スイス製の機械式時計の楽しさは何か…」その事を追及した結果、ピーター・スタースは文字盤に穴を開け機械式時計のテクニカルな心臓部を見せるという大胆なアイデアから、“ハートビート”と名づけられたフレデリック・コンスタントを象徴するモデルが誕生しました。世界で初めてとなるこの機構は大きな反響を呼び、フレデリック・コンスタントが飛躍的な発展を遂げるターニングポイントとなりました。

急激な成長を続けているフレデリック・コンスタントは、2004年に自社製のムーブメント開発に成功し更なる飛躍を遂げます。自社製ムーブメントの開発には、技術面やコストなど多くの困難を克服せねばならず、何より、魅力的な時計を作るという情熱が無くてはなしえません。ハートビートをより美しく見せたいという情熱から、自社製ムーブメントの開発がはじまり、スイスでも数少ない自社一貫生産を行うマニュファクチュールメーカーへと成長しました。

写真2

1994年、フレデリック・コンスタントは、世界初のオープンダイアル「ハートビート」を発表しました。文字盤上に小窓を開け、時計のメカニカル部分を見せるデザインは、フレデリック・コンスタント最大の特徴となりました。ハートビートはデザイン性というだけでなく、文字盤と地板に穴を開け時計の強度と精度を通常通り保たなければならず、高い技術力が必要です。ハートビートはフレデリック・コンスタントがもつ高い技術力の証明でもあります。

1.ペルラージュ装飾
真珠をイメージした円形の装飾で、高級時計に彫られるスイス製特有の装飾。装飾の美しさだけでなく、金属の表面にある細かな穴にホコリや油分が入り腐食を防ぐ為の耐腐食加工の効果もあります。

2.人工ルビー
テンプの軸を支える重要なパーツには、摩耗を防ぐために人工ルビーが使用されています。また、歯車の軸にも同じように人工ルビーが使用され、3針のハートビートモデルには25石が使用しています。

3.ダイヤモンドカット
高硬度のダイヤモンドでカッティングすることで、切り込みの鮮やかさと美しさ、そして文字盤と地板のゆがみを抑えます。

スイスの伝統的な時計製造技術をベースに、現代の最新技術を駆使しながら、クラシカルでモダンなデザインを融合させたラインナップを取り揃えています。時代を超えて愛用できる、身に着ける人すべてに優雅な時を刻んでくれます。
【FREDERIQUE CONSTANTの商品一覧を見る】