写真1

クロスの歴史は、1846年米国ロードアイランド州で、創業者アロンゾ・タウンゼント・クロスによってはじまりました。彼はシャープペンシルの先駆けとなった「繰り出し式ペンシル」やボールペンの原型となった「スタイログラフィックペン」を発明。
筆記具のデザインや機能において、米国で26、英国で7つの特許を取得しました。
1946年、創業100周年を記念して発表した「センチュリーペンシル」。そのエレガントなフォルムと円錐台のキャップトップが、クロスの代表するデザインとなり今では「センチュリー= アメリカ筆記具の代表ブランド」と言われています。

現在クロスの筆記具は、世界141の国や地域で取り扱っています。
そのきっかけとなったのは1999年。
クロスが「ライフスタイルアクセサリーブランド」としての成長を本格的にスタートさせたことによります。万年筆がついた多機能ペンや、折りたたみ式の2色ペンなど、従来の筆記具の概念を超えたデザインを次々に発表。「時代が求める製品を開発する」という創業者の精神を守り、さらなる飛躍を続けています。

写真2

ビジネスシーンで映えるようなデザインにこだわったCROSSの中でも、私たちECHELLがおすすめするのは「ネイビーブルー」と「シルバー×ブラウン」の配色です。シックな色味のスーツに爽やかさをプラスする「ネイビーブルー」。ピンクゴールドの挿し色が嫌みなく艶っぽさを出す「シルバー×ブラウン」。伝統とモダンを融合させたスタイリッシュなアイテムをご覧ください。
【CROSSの商品一覧を見る】